自民党・男性議員

【画像】岸田文雄夫人・裕子の若い頃が美人すぎる!馴れ初めは夫の一目惚れだった?

2021年12月現在、現在自民党総裁である岸田文雄さんの妻、裕子夫人

裕子夫人は美人だと評判です。

裕子夫人の若い頃は旧家の令嬢で仕事は副社長秘書をされていたとか。

そして、夫である岸田文雄首相との馴れ初めは元々は夫の一目惚れだったそうです。

今回は、岸田文雄首相の夫人・裕子さんの若い頃の美人すぎる顔画像を紹介します。

また、夫の岸田文雄首相との馴れ初めの詳細を調べてみました。

【画像】岸田文雄夫人・裕子の若い頃が美人すぎる!

【顔画像】現在の岸田裕子夫人も美人!

岸田文雄首相の夫人・裕子さんの現在の顔画像はこちら。

この投稿をInstagramで見る

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

和服がよく似合う綺麗な方ですね。

それでは、裕子夫人の若い頃の画像も見ていきましょう。

【顔画像】24歳の時の岸田裕子夫人

こちらは裕子夫人と岸田首相の結婚式の画像。

当時は岸田首相が31歳、裕子夫人は24歳でした。

遠目でも綺麗な方だと分かります。

和服姿も似合っていてとても清楚な雰囲気です。

【顔画像】28歳頃の岸田裕子夫人

こちらは、裕子夫人が28歳頃の画像。

画像は岸田文雄さんが衆議院議員に初当選した1993年頃のものと思われます。

28歳頃のお写真でも裕子夫人が綺麗な方だということが分かりますね。

白いスーツを綺麗に着こなしています。

岸田文雄と裕子夫人の馴れ初めは旦那の一目惚れから?

岸田文雄と裕子夫人との馴れ初めは?

裕子夫人は、1988年秋に岸田首相とお見合い結婚しました。

裕子夫人と岸田首相の両家の祖母同士が同級生で友人だったことが、お見合いのきっかけになったとか。

しかし、真相は旦那である岸田首相の裕子夫人への一目惚れだったそう。

馴れ初めの真相は夫の一目惚れ?

裕子夫人は、1986年にマツダ株式会社に入社しています。

マツダは広島県に本拠を置く、日本の自動車メーカー。

裕子夫人は、当時副社長だった和田淑弘・元社長らの役員秘書を務めていました。

裕子夫人がマツダで役員秘書として働いていた時に、岸田首相が当時衆院議員だった父親の秘書として企業回をされていて、マツダを訪れたようです。

その時に、岸田首相は裕子夫人に「一目惚れ」したそう。

その後、二人の距離を近づけるために儀礼的に見合いの場が設けられたそうです。

裕子夫人も旦那に一目惚れだった?

しかし、裕子さんもお見合いで岸田文雄さんをひと目見て「この人と結婚するんだろうな」と思ったとか。

つまり、裕子夫人と岸田首相はお互いに一目惚れだったということでしょうか。

きっと岸田さんも裕子さんも、もともと魅力的な人だったのでしょうね。

岸田首相と裕子夫人の初デートは?

お見合いをされた岸田首相と裕子夫人は、結婚前提でお付き合いをするようになったと思われます。

二人の初デートは当時はやりのディスコ(マハラジャ)だったそうです。

画像は岸田首相のインスタライブでの一コマ。

「初デートの場所は?」という質問に、裕子夫人だけ答えられていたようです。

初デートの場所を忘れてしまっていた岸田首相は、意中の裕子夫人との初デートで舞い上がってしまっていたのでしょうか(笑)。

まとめ

岸田文雄夫人・裕子の若い頃の画像を見てみました。

写真を見ても評判通りの美人だということが分かりますね。

また、岸田文雄首相と裕子夫人の馴れ初めは、岸田首相が当時衆院議員だった父親の秘書として企業回をしていてマツダを訪れた時に、副社長秘書として働いていた裕子夫人に一目惚れしていたということが分かりました。

裕子夫人の夫との馴れ初めを見ても、裕子夫人がとても魅力的な女性であることが分かりますね。