自民党・男性議員

末松信介の経歴・学歴まとめ!元サラリーマンで父親に憧れ政界へ進出か

2021年10月4日に第1次岸田内閣で文部科学大臣として初入閣した末松信介(すえまつ しんすけ)氏。

末松氏は兵庫県生まれで大学卒業まで兵庫県内の学校に通っています。

今回は、末松氏の学歴と経歴をまとめました。

また、末松氏は政界へ入る前はサラリーマンだったそう。

末松氏が政界へ入るきっかけになったのは、末松氏の父親への憧れであったようです。

末松信介の経歴・学歴まとめ!

末松信介のプロフィール

  • 生年月日:1955年12月17日(2022年現在66歳)
  • 出身地:兵庫県神戸市西区
  • 出身小学校:不明
  • 出身中学校:神戸大学附属明石中学校
  • 出身高校:三田学園高等学校
  • 出身大学:関西学院大学法学部
  • 大学卒業後:全日本空輸(ANA)
  • 特技:空手・野球

末松信介の出身は?

末松氏は兵庫県神戸市西区で生まれました。

末松氏の名前は、末松氏の父親が岸信介(きし のぶすけ)元首相にあやかり「信介」と名付けたそうです。

末松信介の小学校は?

末松氏の出身小学校は不明です。

しかし、末松氏の出身中学である神戸大学附属明石中学校は神戸大学附属明石小学校との小中一貫校だったそう。

もしかしたら、末松氏の出身小学校は、神戸大学附属明石小学校だったのかもしれません。

末松信介の中学校は?

末松氏の出身中学は、神戸大学附属明石中学校という兵庫県の国立中学校。

神戸大学附属明石中学校の偏差値は2007年のデータでは51.5です。

神戸大学附属明石中学校は、神戸大学附属中等教育学校の開校により、2010年度をもって閉校しています。

末松信介の高校は?

末松氏は中学卒業後は、私立の三田学園高等学校に入学しています。

三田学園高等学校の偏差値は61で、2022年現在は兵庫県内ではトップです。

末松氏は特技が空手と野球だそうなので、中高時代は空手部か野球部に所属していたのかもしれませんね。

末松信介の大学時代は?

赤松氏は、高校卒業後は私立の関西学院大学法学部に入学しています。

関西学院大学の卒業生で政治家になった人は27人。

政治家になった卒業生の人数のランキングでは、関西学院大学は全国の大学で11位、兵庫県内では1位だそうです。

末松信介の大学卒業後は?

末松氏は1975年に23歳で大学を卒業後、全日本空輸(ANA)に入社。

全日本空輸(ANA)では営業マンをされていたそう。

末松氏は27歳で政界入りをしているので、全日本空輸(ANA)で働いていた期間は1~3年位と思われます。

末松信介は元サラリーマンで父親に憧れ政界へ進出か

末松氏は大学卒業後に全日本空輸(ANA)に入社し、営業マンとして働いていましたが、政界を目指す為に退社しています。

末松氏が政界へ入るきっかけになったのは、末松氏の父親への憧れからの様です。

末松信介は子供の頃から父親と同じ政治家を目指していた

末松氏の父親である末松三芳(すえまつ みつよし)氏は、兵庫県の県会議員でした。

末松氏は県会議員として働く父親を見て育ち、子供の時から父親と同じ政界を目指したいと思っていたようです。

兵庫県議だった父を見て育ち、小学校の卒業文集に「政治家になりたい」と記した。

引用元:https://ameblo.jp/shinsuke-suematsu/entry-12159512992.html

末松信介の原点は父親だった

末松氏が父親の三芳氏を慕っており、父親が末松氏自身の原点だと語っています。

「しんどくても、人さまが歩めない道を歩ませてもらっている」。シベリア抑留を経験し、同じ県議で9年間、席を並べた父親の故・三芳氏の言葉だ。1票に感謝し、政務に誇りを持ち続けた父の姿が自身の原点という

引用元:https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/rensai/06/201606/0009238374.shtml

末松信介が開設した施設に父親の名前を付けている

末松氏は、社会福祉法人松風会の理事長を務めています。

末松氏は平成28年4月に自身の出身地である神戸市西区に特別養護老人ホームを開設し「三芳苑(さんぽうえん)」と名付けています。

自身が生まれた町に自分の父親の名前が入っている施設を開設したところから、末松氏の父親への並々ならぬ想いが込められていると感じます。

まとめ

  • 末松信介の経歴・学歴まとめ!
  • 末松信介は元サラリーマンで父親に憧れ政界へ進出か

以上をまとめました。!